平成24年 1月14日

孝道塾 ニュース速報 
No.59

今年も、孝道塾鏡開きから稽古始めが始まった。塾生全員が集まって新年の挨拶から始まり、
初稽古。新年から元気あふれる気合いの入った稽古が行われた後、みんなの大好きなおしるこ
タイム。前日から小豆を冷やし、鏡割りした鏡餅を入れ大鍋でグツグツ煮たおしるこを今年一年の
無病息災を祈りながらおいしく頂きました。おかわりが多く、大鍋2杯もあっという間にカラとなり終了。

ニュース速報!

翌日は県柔道連盟主催の鏡開き式に孝道塾指導者、小、中、高校生50名参加。園芸高、
笛吹高高校生による、すいれき太鼓の素晴らしい演奏から幕が開き、県柔連会長、来賓の
先生とご挨拶を頂いた。形演武のあと模範試合。孝道塾からは淺川奈々が出場。一本勝ち
で今年の好スタートとなった。
高校生、指導者を基立ちとし稽古始めで汗を流した。

平成24年度鏡開き式

17日(土)孝道塾鏡開き式 
18日(日)山梨県柔道連盟鏡開き式  
19日(月.成人の日)明大柔道部鏡開き式

鏡開き最終日は中、高生を連れ、お茶の水の明大道場へ。14日から始まった寒稽古最終日
には毎年鏡開き式が行われ、参加させて頂いている。

園田監督の指揮の下、大学生達の胸を借り、素晴らしい練習をして頂いた。(普段お世話になって
いる小川道場小川直也館長は大学生をバンバン投げていた(^_^;)

午前9時からはじまり12時半終了。鏡開き式に移り、関明柔会会長挨拶のあと祝賀会が始まり、
この日成人式を迎えた2年生諸君の抱負に続き校歌斉唱にて終了。

いつもながらこの道場へ来るといい緊張感を味わえます。
最後になりますが孝道塾OBで一年の三枝頌太郎も元気に動き回っていました。
同じく一年生には大明見JSS出身の宮下稜平君や2年生の玉穂JSS出身の宮澤大希君がおり
心強く思っています。