平成26年 3月 6日 

孝道塾 ニュース速報 

また午前の部の最後は、渡邊幹彦先生に「成長期におけるスポーツ選手の怪我のしづらい身体作り」と
題して楽しくお話し頂いた。

No.83

一週間が経ち近隣県の支援や、県市町村の地域、近所みんなの協力により徐々に除雪が
進み交通網も復活、最後まで開催を危ぶまれた合同寒稽古が行われた。


道路脇や駐車場にまだ多くの雪が残る中、県外からは小川道場(神奈川)無心塾飯島道場(茨城)
明心館関本道場(千葉)一道館田代道場(東京)錬磨会(東京)。県内から各道場、スポ少が多数参加。
総勢約280名の小中学生が集まってくれた。

ニュース速報!

昼食休憩のあと始まった午後の部は実践稽古。もと立ち稽古をたっぷり2時間。

午前9時予定通り合同寒稽古の開始。

今年は準備運動のあと午前中は小川先生が基本の大切さをみんなに再確認してもらいたいと、
打ち込みの基本と寝技の基本を教えて頂いた。何度も何度も我々指導者にもわかる様に丁寧
に進んだ指導は、非常にわかりやすくみんなの打ち込みの変化が見られた。

午後3時40分稽古終了。さあ〜みんなお楽しみの閉会式!!

7回孝道塾合同寒稽古

平成26年2月23日(日) 県立小瀬武道館第2武道場

なお優秀選手は以下の通り(順不同)

@小川道場      神谷凪咲 3年生   A無心塾  宮部連匠  1年生

B一道館田代道場   小菅歩  5年生   C明心館関本道場  関本賢太 5年生

D錬磨会       伊藤ユウキ 1年生  E誠心館  深沢まみ 2年生

F塩山柔道JSS   沢登一馬 3年生   Gまるや 加々見美羽   1年生

H八代JSS  児玉依生起 5年生     I日下部JSS 米玉利空  5年生

J石和JSS  荒井大斗  5年生     K玉穂JSS 三野颯太  5年生

L龍心館   高橋にいな  3年生     M誠武館 小田切陽菜子  4年生

N孝道塾   天野武蔵 4年生

2013年全国制覇を成し遂げた小川道場の選手を筆頭に、ひのまるキッズ関東チャンピオンや茨城チャンピオン、
千葉チャンピオン、もちろん山梨チャンピオンが揃った稽古は熱気にあふれ真剣な眼差しは見ていて気持ちがいい(^^)


最後の30分間は試合形式で稽古を行った。なおいっそうの真剣勝負!
みんな一生懸命だ!!!

明大柔道部3年ショウタロウお手本ご苦労さん(^^)/ 

こちらも選手はもちろん父兄や指導者も熱心にお話を聞いてくれたようだ。成長期はどんな栄養も大事だよ。
サプリよりまず食事だね!

 

講師 小川直也先生(小川道場長 元世界選手権王者 オリンピック銀メダリスト)
渡邊幹彦先生(昭和医大客員教授オリンピックWBC野球日本代表チームドクター)

小川直也先生はじめ水戸から参加の長島先生ほか各道場指導の先生、選手の皆さん、渡邊幹彦Dr
有り難うございました。


また孝道塾父母会の皆さん、浩司コ−チ、白岩コーチ、大森コーチ、三枝ユウタロウ、ショウタロウ、浅川コウタ、
小嶋ユウト、勝俣リョウスケたち駆けつけてくれたOBのみんな、富士学苑柔道部。写真撮影の浅川さん夫妻。
皆さんの協力で無事開催する事が出来ました。感謝!!

恒例となった参加者全員での写真撮影を行い小川先生の「来年また開催しましょう」の宣言で
閉式となり、みんなで隅々まで掃除し撤収解散となった。

今年も各道場から一名ずつ「気合い入った賞」の賞状とメダルを孝道塾で用意し贈るのだがここでサプライズ。
東洋マーシャルアーツさんのご厚意により最優秀選手賞を作成。  柔道着が贈られた。無心塾の大高ひかりさん
おめでとう。よかったね!!!

2月8日の記録的な大雪の爪痕が残る14日の朝、自宅の玄関を開けると我が目を疑うほどの
大雪が、、、、(^_^;)  前回のそれを上回る豪雪に関東が覆われ、首都圏各地から山梨県へ
通じるルートは全て通行止めとなり、また県内の道路も寸断され、孤立した地域や帰宅でき
ないで何日も逗留を余儀なくされた人々も多く見られた。